ランニングライフ

ランニングライフ

18歳から外食が多く体も心も不安定で色んな物に苛立ちを葛藤した時期がありました。その頃から、自分への問いかけが始まってました。10年が経ち色んな事を体験し、健康とは何かに学ぶようになりました。飲食店で働いたり、セミナーに参加したり食という言葉がつく所に学びを求めました。足を運ぶ事で色んな事に気づいたのです。それは何でも平均だという事です。食事も平均、運動も平均、平均こそが生きていくコツだと理解したのです。

30歳が過ぎて、大人の仲間入りだと大きく胸を張っていました。しかし、現実は待っていました。20代の頃は平気だと感じてた事が30代に入ると思うようにはいきません。病院には、通う日々は増えてきますし薬を飲む量も段々と増えてきます。色んな事で反応が大きく表れているのは現実です。体と心にサインを送るかのように神様が教えてくれてるのだと私は思っています。

神様の原理で、私の毎日が大きく変わりました。飲みに行くのも控えるようになり、食事もこだわりをもって、運動までするようになりました。昔の趣味はお酒、今はランニングに変わりました。大きく変わって自分でも驚きです。そこで終わるかなっと思っていましたが、マラソンの大会にも出るようにもなりました。マラソン大会の後の喜びが、今は自分の生きがいかもしれません。声援を送ってくれる沿道の皆さんであったりボランティアの方達、スタッフの方達には感謝の気持ちでいっぱいで頭もあがりません。

いつまでも健康でいる為に、始めた事が今でも継続して続いてるのも家族あっての事です。最初は一人で始めた気にはなっていましたが、今ではみんながいて今の自分がいてるのだなっと改めて実感させて頂きました。30代半ばで、なかなか体もついてきませんけどいつまでも若者のような青年でいたいと思います。そして周りにいてくれる人達にはご褒美もあげないとねっと思った若者でした。皆さんもよかったらマラソンライフを始めてみませんか。

 

心の健康を考える

私は頭に少々問題を持っています。人の顔が覚えるのが苦手で、精神科にかかったわけではありませんが、ネットで似た症例を探したところ、「相貌失認」というのが近いかな、と感じています。

とりわけ社会生活上で問題があるというわけではないのですが、いろいろと心がむなしくなることもあります。

自分の心の健康が侵されていると感じます。例えば、素敵なことのあった日、寝る前にその出来事を反復しようと試みるのですが、どうしてもいっしょにいた人たちの顔が思い出せないことがあります。そのときに私はいつも自分が一人で幸せになっているみたいに思えて、とてもつらくなります。

しかし、そんなことでいちいちクヨクヨしていても仕方がないと思い、私は日記をつけることにしました。もともと小説を読むのが好きな性分なので、うまくその日のことを表現できたら、後日その日記を読んでとても幸せな気分になれます。

日記を書き始めるまでは、その日の出来事を思い出すことにとらわれて、寝つきが悪くなってしまうなんていうことも多々あり、心の問題なのに、寝不足で体もしんどいという悪い流れができていましたが、現在は日記を書くことでその晩にはとても満足した気分になって、ぐっすり眠れるようになりました。やはり、睡眠は頭を休めて、もやもやしたこともいったん落ち着いて整理することができるので、熟睡することは心に問題が現れ始めたときにはたいへん有効な手段となります。そして、その熟睡ができるようなったきっかけは日記を書くことです。

 私は、自分の記憶の悪さに対するアプローチとして日記を書くことにしましたが、人それぞれ抱えている問題に対して、それを少しでも補える何かがあるなら、迷わず実践してみるべきだと思います。

私はその記憶の悪いことについて、「いつかはどうにかなるだろう」とか「自分だけで抱えてどうにかできるはずだ」と思って何もしてきませんでしたが、心機一転そういう思い込みをやめて行動したら、そういう閉じこもった考えが本当にばかばかしく思えるようになりました。私が心の健康に気をつけていることはできることからやってみることだと思います。

 

腸内環境が健康の秘訣ではないかと思います

健康でいられるということは、とてもありがたいことです。私は大きな病気はまだしたことがないですが、健康については日々気をつけてます。それは、腸内環境を整えることです。今までは、便秘気味だったり、肌あれがものすごかったです。体もなんだかいつもだるい感じでした。なぜ腸内環境を考えるようになったのかは、大腸の内視鏡をしてからです。私は、切れ痔はあり、その切れ痔のおかげで健康診断の時に潜血反応がありという診断をいただき、大腸の内視鏡という流れになったのです。

内視鏡をする時は、大腸をほとんど空にしてから内視鏡を入れます。その検査の後、今までになかったくらい透明感の肌になり、体もものすごく軽くなったのです。これは、大腸のおかげではと思い、その検査から、大腸を綺麗にすることが私の健康を維持すると思ったのです。

まずは、食物繊維を多く取ること。これに対しては、白米から玄米に替えてみました。かなりいいのです。毒素がでている感じがします。その他にも、おやつに、干し芋を食べたり、葛湯をのんだりと自然のものを食べてます。食事を気をつけるだけで、かなり違います。

そして適度な運動です。今まではあまり動かなかったのですが、歩く距離を伸ばしたり、階段を使ったりとちょっとだけ運動りょを増やしました。あれもこれもとやることを増やすと、軽いパニックになりますし、逆にそれがストレスになります。

ちょっとだけでいいと思います。

さらに、寝る前に、これもちょっとストレッチをするだけです。本当に今まで何もしなかった生活です。2分くらいのストレッチだけでもいいと思ってます。寝る前にストレッリをすると

よく眠れます。質の良い睡眠もまた健康の秘訣です。ぐっすり眠れた日は、快調です。

食事と運動、寝る前ストレッチが私の健康のために気をつけていることです。最初は、欲張って色々挑戦しました。でもどこかでしわ寄せがきます。自分にあった無理のないリズムで健康維持をすればいいと思ってます。



ページの先頭へ