人生をずっと笑顔で過ごすために健康でありたいものです

人生をずっと笑顔で過ごすために健康でありたいものです

私が若い頃には両親を含め、親戚や知人などの周囲も3、40代ほどとまだまだ若く健康であって当たり前の年齢でした。しかし私自身が年齢を重ねるとともに周囲の年齢も上がってきて、健康を害す人もちらほら出てきました。

そして周囲のそうした人を身近に見ると、健康であることの大切さが身に染みて分かるとともに、いつ何時自分も健康を損ねてしまうか分からないと不安に感じるようになってきました。

さらに数年前には高血圧で倒れた知人がいたこともあって、ここ数年は高血圧の予防にかなり注意をするようになりました。とくに普段の食生活は気を配るようになり、塩分を控えるのはもちろんのこと、青魚や海藻類といった高血圧予防や血流を良くする効果のある食材はできるだけ頻繁に食べるようにしています。

また高血圧で倒れた知人も今は完治し、体に後遺症の残ることなく以前と同じように生活しています。そして知人は医師から減塩すること以外にも適度に体を動かすことやストレスを溜めないことなどを指示されたそうで、私も運動は苦手なのですがせめて毎日歩くことだけは心がけたいと思っています。

このように今のところは減塩と運動の二つを健康のために意識して心がけていますが、そもそも長く元気でいるためには普段の正しい生活習慣こそが大切だと思います。一時的に体に良いことを行ってもそれを持続させなければ意味はないため、結局はストレスをうまく発散したり十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事に適度な運動といった基本を守ることが大切なのだと思います。

とくに日常で常にストレスを抱えていると体にはいろんな不調が起こるようで、それほどストレスは危険だということです。なのであまり小さなことで悩んだりせず、またイライラしないようにして毎日を笑って過ごすことができれば一番良いのではないかなと思いますし、そうありたいものです。

そうして年齢をもっと重ねた先も日々を笑顔で過ごすことができればと思います。

 

歩くことによって健康的な体をキープできた

体を動かすことが大の苦手なので、四六時中座っていられるアニメーターの仕事に就いています。学生時代からの願いが叶って嬉しい一方、長時間労働で疲れが取れなかったり納期のプレッシャーに押し潰されそうな日々を送っています。転職を考えたこともありますが、動くことが得意ではない私にとってアニメーターは天職と言わざるを得ません。

風邪をひきながら仕事していたとき、40代後半のベテランアニメーターから言われたことがあります。毎日のように歩かないから体調を崩すのだということです。実際に彼は忙しくても歩くことを続けていました。しかし、歩くことが健康維持に役立つとは到底思えません。そう心の中で呟く一方で風邪が長引き私の虚弱さを痛感したので、体調が回復したら少しずつ歩き始めようと考えました。

まずは自宅の周辺3kmの距離を歩くことにしましたが、意外と効果があることを実感しました。体の悩みが二つも解消しただけではなく、いつも感じていた憂鬱な気分が晴れやすくなったのです。歩くことの大切さを理解した私は、健康のために毎日1時間程度は外に出て足を動かすことを日課にしています。

腰痛は、私や仕事仲間たちにとって職業病とと言えます。高品質な椅子を使っていても、1日12時間も座り続けていると腰には大きな負担がかかるからです。ところが、歩くことを習慣化してからは違います。腰に違和感を覚えても鈍痛化することはなく、歩いた翌日には完全に回復しているからです。

お通じが良くなった点も、歩き始めて実感していることです。従来は便秘気味で腹痛に苦しめられる頻度が高かったのですが、日常生活に歩くことを取り入れたら改善しました。

天候がいつも良いとは限らないので、雨の日は巨大ショッピングモールの全フロアを歩きます。ついつい購買意欲が高まってしまうので、飲み物代しか持ち歩かないようにしています。フロア移動するときは専ら階段を使い、歩き続けることを重視します。


28歳|アニメーター



健康であるために気を付けていることについて

健康的な生活を一生送れるようにするのは、おそらく誰もが描いている理想の展開ではないでしょうか?

当然、私もできればずっと健康でいたいと思っていますし、そのためにできることをなるべくしています。


それは、私は健康のためもあるのですが、お酒やタバコやその他体にとって悪いものを一切しません。タバコは特にあの有害な煙やニオイが苦手ですし、かなりの害があるために吸ったこともありませんし、これから先も吸いません。


タバコを吸わないだけでも、おそらくですが、かなり健康のためにはいいのではないでしょうか。私たちが健康的な毎日を送るためには、タバコというのは厳禁だと思います。お酒は嗜む程度ならば問題ないかもしれませんが、タバコはちょっとでも吸えばとても害が大きいですし、他の人にも迷惑がかかってしまいます。


そのため、私は健康のためにタバコを吸わないことにしていますし、体が悪くならないためにも、適度な運動と規則正しい生活をするように心がけています。スポーツジムへは15年ほど通わせてもらっていますし、週に2回ほどはスポーツジムへ行って筋トレなどを行ったり、ちょっとした運動を続けています。


やはり、どうしてもある程度は運動もやっておかないと、健康的な毎日を送ることができません。私は少しでも運動不足にならないためにも、ジムで運動したり、空き時間があるとなるべく動くようにしています。


ずっと同じ場所で座っていたりするのも、体にとってあまりよくないことですし、ちょっとでもストレッチなどをして体を動かすほうがいいと思います。簡単なことから始め、少しずつでもやっていくのが大切ですし、何事も積み重ねることが重要ではないでしょうか。


いつまでも病気知らずで健康でいられるのが理想ですが、もちろん、気を付けていても勝手に病気はやってくるので、少しでもそのリスクを減らしていけるように、日頃から規則正しい生活をしていくのがいいのではないでしょうか。私はそう心がけています。




ページの先頭へ