健康の為に注意している食事について

健康の為に注意している食事について

30代に突入した辺りから体調の崩れが起こりやすくなり、明らかに疲れっぽくなった実感がありましたが、生活習慣を見直す事で体調変化を実感出来ましたから、そこからは健康に良い食事には注意して摂取しています。


若い時期はファーストフードを食べたり、お酒を飲んだりしても問題無かったですが、明らかにダメージが残るようになり、体が怠いと感じたり、仕事中に疲れるようになったり、お腹の調子を崩したりという事が起こっていたものです。


食事や運動、睡眠の充実は体に変化を起こしてくれますが、運動は続ける事が難しくて途中で辞めてしまう事もあり、睡眠に関しても毎日決まった時間に寝て起きる事が望ましいと解っていても、継続する事が難しい状況でしたが、食事だけは注意して体に良いものを継続出来ています。


食事が最も心身への影響を実感出来る部分が多かったのですが、やはり油モノやケーキ類等を減らして、食物繊維を増やして果物や野菜の量を増やす生活を送っていると体調が明らかに変わってきたものです。


お通じが何よりも良くなりますし、和食中心に食事内容を変えていく事で体重も落ちてお腹周りもすっきりとし、仕事中の集中力が上がったり疲れにくくなった事が実感出来ています。


逆にファーストフードを食べまくったり、暴飲暴食をすると疲労感が凄いですから、食べる時には腹八分に抑えて食材の質を考えて揃えるようになってからは、健康的に生活出来ています。


食べ方にも注意があり、まず野菜類を食べてから主食を食べて、最後のご飯というように血糖値を急上昇させないような食べ方にすると、脂肪蓄積を防ぐ事も出来ますし、眠る3.4時間前にも飲食をなるべく避ける事も有効です。


以前は眠る直前に何か食べていた事が多かったですが、寝ている間にも胃腸に負担がある事から睡眠の効率が下がり、今では空腹にして眠りますから以前よりも起きた時にスッキリするようになりましたし、食事の食べ方、量、タイミング等を注意するだけでも心身に良い影響があります。


「33歳、自営業」

 

健康にはストレスや運動不足はなるべく避けたいものです

歳を重ねても、ずっと維持し続けていきたい存在といえば健康です。

病気に悩んだり、体調が思わしくない状態で生活をするのは非常に苦しいことですし、健康は掛け替えのない存在だと強く実感してます。

健康であるため、なるべく普段から気をつけていることは運動不足にならないことや、ストレスを過度にためすぎないことです。


運動といってもハードなスポーツや強度が高い筋トレを頑張ったりはしていませんが、私の場合はマンションの10階に住んでいるので、時々気が向いた時にはエレベーターに乗らずに階段で自宅まで帰るようにしてます。

また、会社の帰りにはタクシーを使わず歩くようにしたり、車に頼り過ぎずに歩く時間を増やすことを心がけたり、日頃の生活の中で歩く習慣を付けるようにしています。

歩くという行為は非常に手軽に行える存在ですが、全身運動ですし健康づくりにはとても効果的です。

エスカレーターやエレベーターを見ると乗りたくなることもありますが、出来るだけ階段を使うように気を付けて、身体を積極的に日常生活の中で動かすようにしてます。


また、ストレスは健康の大敵なので、趣味を適度に楽しむ時間を持つようにしたり、カラオケを楽しんで、歌って大声を出して定期的にストレス発散するように気をつけてます。

私の趣味は音楽を聞いたりガーデニングをしたりネットサーフィンをすることです。

休日には仕事のことを忘れて趣味を楽しんだり、カラオケへ出掛けて好きな曲を歌うようにしています。


最後に、健康と切っても切れない関係にあるものといえば栄養です。

ビタミンや食物繊維を補うため、毎日野菜を積極的に食べるように工夫してます。

具だくさんの味噌汁を作ったり、季節によって異なる旬のフルーツを常備しておいたり、健康のために野菜や果物をよく食べています。

また、最近では健康を考えて肉だけではなく、魚料理を積極的に食卓に出してます。

EPAやDHAなど良い栄養素が豊富ですし、動脈硬化を防いでくれる効果も期待できるので、魚は健康のためよく食べるようにしているのです。

買物をする時は、栄養価が高い旬の食材を積極的に選ぶように工夫してます。

 

今は「健康」の大切さをひしひしと感じています

若い頃は、健康のことなんて全く考えず・・・夜更かしをしたり、夜遊んだり、

好きなものだけを食べたりしていました。


一人暮らしの生活で、全て自分が思うように毎日がまわっていて。

自由は自由だし気楽は気楽でしたが、身体に悪い生活をしていたと思います。


そんな私が健康について考え始めたのは、結婚後の・・・一度目の流産の後のことでした。


妊娠できた、とすごく喜んで、まともな生活をしようと思い始めたところでの流産。

精神的にズタボロになり、また妊娠したいと心から思うようになった時、

健康の重要さについてやっと気がつき、気をつけるようになったのです。


その時から、食事に気をつけたり適度な運動をしたり・・・の毎日が始まりました。

冷たい飲み物、特に炭酸が好きだったんですが、温かい飲み物を心がけて飲むようにしたり、

お酒も控えるようになりました。


野菜もできるだけ摂るようになり、年数はかかりましたが妊娠することもでき、

無事出産することもでき。


出産後、また再び健康について考えるようになりました。

というのも、妊娠中も体力づくり、頑張っていたんですが・・・高齢出産だったため、

想像以上に産後の身体の戻りが遅くて。


健康じゃなくなった、というか、身体がすごくしんどかったので、

また健康について改めて考えるようになったのです。


子どもは小さいのに私は高齢、ということで、

子どものためにもできるだけ長く、とにかく健康でいることが大事なんだと思うようになりました。


若いママにはもちろん勝てはしないけれど・・・

それでも子どもを育てていかなければならないのです。そこは頑張らないとダメなんです。


ベビーカーに乗せて出かけることができる月齢になった頃から心がけていることは、

とにかく「歩く」こと!


赤ちゃんに話しかけながらとにかく歩きます。

産後、骨盤やお尻の辺りが痛いのがなかなかおさまらなかったんですが・・・


毎日毎日歩いているうちに、

少しずつ鍛えられたのか時間はかかったものの痛みがなくなってきました。


今現在、子どもは2歳。

今でもベビーカーに乗せて晴れの日はほぼ毎日歩いています。

もちろん、手をつないで歩くことも。


寒い時季や暑い時季は正直、外に出たくない・・・と思うこともありますが、

とにかく体力をつけるために、これからもずっと歩きつづけたいと思います。

もちろん食事もバランスよく、を心がけて。毎日健康に楽しく過ごしたいですね。


「38歳|専業主婦」





ページの先頭へ