睡眠力で肌年齢をあげる健康法

睡眠力で肌年齢をあげる健康法

もう若くない40代です。若い頃は少しくらい無軌道な生活をしていたとしても、健康に害を及ぼすことなどありません。

しかし加齢を重ねるごとに、健康は損なわれて行きます。とくに寝不足は如実です。

もちろん内臓にもダメージがあるとは思いますが一番顕著に出るのが肌ではないかと思います。

同じくらいの年齢で肌がボロボロくすんで、吹き出物に覆われている人を見かけます。それはまさに、私自身の過去の姿と言っていいと思います。

私もかつては、肌が汚くて化粧で誤魔化すしかありませんでした。その際たる原因は、寝不足です。

夜型生活は、必ず健康を損ないます。本来休むべき時に休むことができない脳や内臓が、起動したままですから、どうしても無理が出てしまうのです。

私は純粋に寝ることが大切だと思い寝ることにしました。最初は、夜型から朝型生活に変更するのは難儀なことでしたが、慣れれば寧ろ早寝早起きがすこぶる体調に良いこと気付きます。

小説家は夜型が多いので寿命が短く画家は明るい場所で絵を書くので朝型なので、長寿というのは有名な話です。

夜寝ること睡眠力を備えることで、健康に過ごすことそして寿命を長くすることが可能だと思います。実際に私の皮膚

は瑞々しくなりました。十代の娘から「ママ肌がもちもちだね。」

と言われる程です。水を弾く・・というとオーバーかもしれませんが、それに近いものがあります。というのも、夜きちんと睡眠を取ることで、胃腸も休まりますから翌日きちんとお通じがあるのです。

お通じがあれば、便秘にならずに済みます。

便秘になると肌が汚くなるのは、老廃物が毛穴から出るからです。こうしたことが皆無になりますから、肌も若返りますし内臓も健康の一路なのです。

まさかそんな簡単なことで?と思われるかもしれませんが、少しの生活の知恵で途端に目の前が明るくなることがあります。ただ上質な睡眠を取るだけで見た目も若くなるのですから、試してみる価値はおおいにあるでしょう。


42歳/主婦

 

私が健康を維持するために心掛けている3つの事

私は身体を健康な状態に保つことはとても大切なことだと感じています。こうした考えを持つようになったのは、数年前に親戚が重い病気で入院してしまったからです。その頃から病気にならないように日ごろから健康を意識した生活をするようになったのです。その際に心掛けていることが3つあります。

私が健康を維持するために気をつけていることは、まずきちんとした食事をとることです。以前は塩分の高い物や脂っこいものを好んで多く食べていたのですが、こうしたものを大量に食べないようにしました。自分で料理をする際は薄味の味付けにして、油もオリーブオイルなど出来るだけ身体に悪影響が低いものを選んで使用しています。

また、野菜や豆腐、納豆などを積極的に食べるようになりました。以前はこうした物はほとんど食べなかったのですが、今では食事の半分はこうした野菜や大豆食品になるようにしています。特に豆腐は栄養が豊富なだけでなく、お腹も膨れやすいので大食い防止にも役立っています。

次に気を使っていることは運動です。運動はランニングを中心に行っており、毎週4日は家の周りを30分以上走るようにしています。体力をつけることで免疫力も高まりますので、ランニングを始めてからは風邪などもあまりひかなくなりました。

3つ目は睡眠です。私はどんなに食事や運動で健康を維持しようとしても、睡眠をしっかりと取らなくては意味が無いと考えています。睡眠を取ることで頭と身体がしっかりと休められ、生活習慣病などの予防にもなるのです。私も場合は毎日7時間は睡眠を取るようにしています。質の良い睡眠を取るために、お風呂にしっかりと入る、就寝の1時間前から部屋を暗めにしてテレビなどを見ない、アロマオイルを使用してリラックス状態にするということを行っています。そのため、普段からしっかりと質の良い睡眠を取ることが出来ているのです。

私は以上の3つの事を意識的に行うことで、自分の健康を維持するように心がけています。


33歳、会社員

 

健康のために食事に気を使っています

以前は、健康のことなんて気にしていなかったのですが、最近では気をつけるようにしています。きっかけは、20代の頃と違って自分の体が衰えるまではいかないのですが、自分の体に無理がきかなくなってきているのを感じたことからです。

私はお酒を飲む時に、飲んでいる量や次の日のことをあまり考えずに飲んでいたんです。ですが、ある時、そのせいで次の日体調不良になり、どうにも気分が悪かったことから健康に気をつけなければならない、と思い始めたんです。

それからは、お酒も食事も気を使うようになりました。食事は特に、塩分と油に気を使うようになりました。最近では油は全てオリーブオイルを使うようにしています。外食するとどうしても塩分や油は自分ではコントロールしづらくなるので自宅ではできる限り、自分でコントロールするようにしています。

その効果が現れたのかどうかはまだはっきりしていないのですが、以前と比べて肌の状態がよくなりました。塩と油が直接の原因だったかどうかはわかりません。ですが、以前はどんなに顔のケアに気をつけていてもまぶたや口の周り、酷いときには頬まで夏場でもかさついていたんです。どれだけ、保湿にこだわって肌のケアをしても改善されることはありませんでした。ですが、最近は特に肌のケアに関しては特別なことをしていないのに、肌のかさつきがなくなったんです。食事も極力野菜中心に摂取するようになったこともよかったのかもしれません。食事に関しては以前よりも薄味で、なるべくジャンクフードは食べないように、など普段から気をつけています。以前は、ジャンクフードの食べすぎで普通の食事をとると味がないように感じていたんです。ですから、ついつい塩を足してしまう状態になっていました。ですが、ジャンクフードを控え、どんどん薄味にしていくことで食材本来の味がわかるようにもなってきた気がするんです。すると、料理をしていても以前のように塩を入れる必要もなくなりました。油も徹底的にオリーブオイルを使うと決めてからは不必要に油を料理に使うこともなくなりました。なぜなら、オリーブオイルは普通の油と比べてかなり高いからです。ですが、小さなことを意識することで自分の肌の状態がよくなったので、恐らく体にも今後いい影響を与えてくれると信じて頑張っていこうと思っています。


34歳 専業主婦

ページの先頭へ