皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編@】

基礎代謝を上げるために運動を始めました

久々に会う人から「どちら様ですか?」と訊かれても不思議ではないくらいに太ってしまいました。この3年間でも体重が10キロ以上増えています。そのため、ダイエットを始めたのですが、実際に挑戦してみて実感するのは、10代や20代の頃よりも体重が落ちにくいということです。


ここ数年、運動もしていなかったので、基礎代謝に必要な筋肉がおちて脂肪ばかりが増えてしまったようです。これでは、どんなに辛い食事制限を頑張ったとしても効率よく健康的に痩せることなど出来ません。


そのため、スポーツジムに通って体を鍛えるところから始めることにしました。これまでの食事制限しかしないダイエットとは全く違う角度から自分の体にアプローチすることで、しっかり食べても太りにくい健康な体づくり(体質改善)を目指すことにしたのです。


まずは、プロのインストラクターとカウンセリングを行って、持病の有無やジムに通う目的などをじっくり話しました。そして、どのような運動プログラムで体質改善を目指すのかを相談します。


運動には、目的別に大きく分けて二種類あります。ひとつは筋力運動でもうひとつが有酸素運動です。


筋力運動は、ジムにあるマシンを使いながら体を動かし、日常生活ではあまり使わない背筋や腹筋、インナーマッスル、そして基礎代謝を上げるのに効率が良い太ももの大きな筋肉などを鍛えます。これが太りにくい体の基礎を作ってくれるのです。


有酸素運動は、ルームランナーやエアロビなどで体を動かして、すでに身についてしまっている体脂肪を燃焼させたり、汗をかくことによって体内の老廃物を排出したりすることが目的です。


運動の順序としては、準備体操のストレッチを行い、その次に筋力運動を行い、有酸素運動をして、最後にストレッチを再度行うという方法が理想的だとのことです。


有酸素運動は息切れしないくらいの運動強度で楽しく頑張れますが、筋力運動のほうは一旦筋肉組織を壊す必要があるので、多少のしんどさを感じます。


それでも3か月で体重が5キロ減ったので、まだまだ頑張れそうです。


35歳主婦



呑気な私の健康的な生活とは

私は昔からよく楽天家だなとか能天気だな、いい意味で言うなら前向きだななどと言われてきたのですが、これこそが毎日健康で楽しく過ごせる秘訣だと自分では思っています。

例えばストレスが溜まると胃に穴が開くと言いますが、これはたとえや比喩ではなく実際にそうしたことがあるそうです。

それというのも私と同じ年齢のいとこがけっこう神経質で細かいことに悩んだり考えすぎたりする性格なのですが、そのいとこがこれまでに二度胃に穴が開いて手術をしています。

ですので私を含めた親戚一同でそのいとこには、あまりストレスを溜めない方が良いよと励ました覚えがあります。もちろんストレスだけが原因だというわけでもないと思いますが、どちらにしろたくさんのストレスを抱え込んだまま生活をしていくのは体にとって決して良いことはありません。

その点私は根が呑気だからか、普段からあまりストレスを感じることはなく、それどころかもっと考えなくちゃいけないことでもまぁ、何とかなるだろうと構えているくらいです。

ですがこうした私の性格のおかげで乗り切れたことがあるのも確かなので、案外自分の性格は嫌いじゃなかったりします。

それにこれまで私は大きな病気はしたことがなく、入院したのは出産のときくらいでしたので、それもこれもストレスを抱え込まない自分の性格が多少は健康のためにプラスに働いているんじゃないかなと思っています。

またこれと同じようなことですが、毎日笑うことも健康には必要だと思っています。笑うこと自体がストレス解消にもつながるし、免疫力アップや痛みを抑える効果なんかもあるそうなので良いことばかりです。

幸い私は面白いこと楽しいことが大好きなので、家族と一緒にテレビを見て笑ったり会話をして楽しんだりしていることで知らず知らずに健康に良い影響を与えることができているんだと思います。

このように私はとにかくストレスを溜めず前向きに過ごしていくことで、健康的な毎日を送っています。


(42歳主婦)

 

健康でいられる秘訣!睡眠の大切さ

健康のために一番気を付けていることはズバリ「早寝早起き」です。私は2歳と5歳の子供がいますが、子供を寝かしつけるのは21時。一緒に横になり気づけば自分の眠ってしまうことも。毎朝6時にアラームをセットしているのですが、子供と一緒に眠ってしまった時はアラームが鳴る前にパっと目が覚めてしまいます。まだねむたーいと不快な思いをすることなく起きることができるので、とても気持ちの良い朝を迎えることができます。


しかし、流石に21時に眠ってしまうのは早すぎますよね。旦那さんとの時間も過ごしたいですし。唯一静かな時間を過ごせるのですから眠ってしまうのも、もったいないです。それでも遅くとも22時30分には布団に入ります。たっぷり睡眠をとることで、日中に眠たいと感じることもないですし風邪も引きにくいです。健康のためには「睡眠」は欠かせません!!そこでもう一つ朝気持ちよく目覚めるためのコツを伝授します。人間は浅い眠りと深い眠りを繰り返していることはご存じですよね!その関係上睡眠時間は90分の倍数にすることで、ちょうど浅い眠りの時に目を覚ますことになります。よって比較的起きやすいので試してみてくださいね。


私は睡眠をたっぷりとるのに対し旦那は普段から睡眠時間は4時間〜5時間。旦那曰く「人間は4時間睡眠があったら問題ない」というのです。そんなことを言う割によく風邪を引きます。睡眠が足りてないからじゃないのか?と私は思ってしまいます。


そこで人間か必要とする睡眠時間を調べてみました。それは「7時間」です。そしてそれ以上眠ると逆に病気をしやすくなるそう。睡眠時間は8時間がいいというのを聞いたことがあったのですが、それは間違いのようです。そして私の旦那みたいに睡眠時間が少ないのもやはり良くありません。なんと恐ろしい高血圧のリスクが4倍にも増えてしまうという研究結果が。さらにはうつ病を引き起こす可能性でさえあります。早寝早起きだけ意識していた私ですが、今後は7時間睡眠を意識して健康に努めていきたいと思います。



ページの先頭へ