トマトジュースで痩せた男の記録

トマトジュースで痩せた男の記録

僕は男性35歳、営業職、身長171CM、体重67Kg。

現在は62Kgまで落としているのですが、その事について書こうと思います。


まず初めにお断りしておきたいのですが、僕の場合はダイエットしたかったわけではなく

『結果的に痩せた』という状況であるという事です。


取り組みを始める切っ掛けとして挙げるキーワードは

『健康』でした。


僕はとにかく2〜3か月に1度は風邪を引きしょっちゅう医者にかかっていました。

喉が弱いので風邪を引いて喉に来ると熱が高くなるので、そうなる前にちょっとでも違和感を

感じるとすぐ医者に行っていました。

すぐ体調を崩すので、仕事にも影響しますし医者代もかさむので

そんな自分に嫌気がさしていた時に上司のアドバイスで野菜をもっと取りなさいと言われて

始めたのが『トマトジュースを飲む』でした。


上司は青汁を愛好していたのですが、月に5000円位かかっているようなので

ちょっと高いなという事で同じように手軽にとれる野菜という事で100均のトマトジュースを1日

500ml(1本)飲むようにしました。


僕の場合はトマトジュースが嫌いではないので継続できたのですが、

僕なりのコツとしては

@生活サイクルに組み込める購入場所の確保

A好みに合った製品を見出す事

B代替商品を見つけておく事

の3つを挙げたいと思います。


@についてはやはり継続前提なのでイコール生活サイクルを変えるという事になりますので、

あまり負荷なく新しいサイクルに入れる方が継続率がUPします。

私の場合はお昼ご飯を買う100均が該当しました。


Aについてはトマトジュースと言ってもかなりの種類があります。

ポイントは

・食感→サラサラタイプ、ドロドロタイプ

・味 →トマト感、甘味

・食塩→無添加かどうか

の3点です。私もあまり好きではないトマトジュースもあるので自分が美味しいと思えるものを

見つける事と、

合わせて【飲み方】も自覚しておく事を御奨めします。

ドリンクとして飲むのならサラサラタイプ、スープに近い感覚ならドロドロタイプで食塩ありの物、

等です。

私の場合は比較的サラサラタイプ、食塩有のものをサブドリンクとして飲んでいます。

メインドリンクは「家から持ってきた麦茶」です。


Bに関してですが、人間飽きが来る時があるので、そういった時には

目先を少し変えて「青汁系」にしたり「野菜ジュース系」にしたりする事で飽きを克服しつつ

元のサイクルに戻らないようにしていくことが大切だと思います。

ここで元に戻すかどうかが、意外に『断念』なのか『休憩』なのかの分かれ道です。


結論ですが、私の場合はこれを週5日間。(仕事の休みの日は飲まない)


これだけで2か月で▲5Kgです。

風邪も今期4月〜一度も医者にかかってません、僕としては体も丈夫になって

なおかつ締まった体も手に入れられたので一石二鳥の非常に簡単なダイエットでした。

 

シンプルな簡単ダイエット方法だとダイエット成功につながりやすいです!

一見頑張って頑張って頑張りぬくダイエットの方がその効果が高いから挑戦したくなるのですが

実はシンプルな簡単なダイエット法をずっと継続させていった方が結果的にはダイエットが成功

することが多かったりするのかもしれないな〜と経験上感じています。


夜ごはんは食べないダイエット法やカロリーメイトのみでのダイエット、マラソンダイエットなど

を以前からいろいろストイックに挑戦してきたことがあるのですが現実的には長くは続かずに挫折

をしてしまっているのであまり大きな挑戦はしない簡単な方法でのダイエットをすることの方がお

すすめでもあります!


カロリーメイトなどの単品だけを食べるダイエットをしてしまうと口の中が荒れてしまったり口内炎

ががっつりといっぱいでき続けてしまったりとトラブルを抱えてしまうこともあるので注意も必要

なのです!


逆にマラソンにストイックに励むダイエットなどだと疲れ果ててしまって勉強や家事などもおろそか

になってしまったり逆に食べすぎに走ってしまったりするので危険でもあるのです。


なのでダイエットはあくまでも簡単な方法で長く続けていくのがベストだと思うのです!


効果がすぐにでてくる簡単なダイエット方法というのは1日腹筋を50回するという方法であったり

お水を毎日2リットルは飲むダイエット方法、空き時間にはヨガに取り組むダイエット、夕食のみ

白米を半分に減らすだけのダイエットなどなどがあります。


どれもこれも簡単に実行ができるので極度な我慢や忍耐力は対して必要なく継続させていくことが

できるものです。


これもあれもとストイックに励みすぎると精神的に先にダウンしてしまいがちになるので長期戦で

頑張るのならば簡単なダイエット方法の方が良いのです。


腹筋は毎日続けるだけでもお腹まわりが引き締まるので体重があまり減らなくてもきちんと効果は

感じられたりするものです!


そしてヨガも体がきれいなラインになれたりするものです!


あまり最初から大きく望んでダイエットに励むのではなくて少しずつ簡単なダイエット法で試していくのが良いのかもしれません!


ページの先頭へ