年齢を重ねた悩みに向き合いながら楽しんで過ごしていきたいです

年齢を重ねた悩みに向き合いながら楽しんで過ごしていきたいです

年齢を重ねるとともに若い頃にはまったく気にもせず、感じてもいなかった悩み事がいろいろと出て来ます。私も最近、しみじみとそういった事を考えるようになりました。

正直、女性として生まれたからには若くキレイに見られたいという思いは誰にでもあると思います。実際に、実年齢よりも少しでも若く見られたいという気持ちは私にもありますが、だからといって決して無理してをして頑張り過ぎている痛い女性には周りから見られたくはなく、私の理想としては実年齢よりもほんの少し若く見られるか、せめて実年齢よりも年上に見られなければいいかくらいの気持ちでいます。実際問題として、年齢を重ねるとともに肌の張りが失われてくるのは仕方のないことですが、それで諦めるのではなく、少しでも改善させたいと思って3年前くらいから少し値段は高めですが、基礎化粧品を保湿効果の高いものに変えて現在も使っています。使い始めてからすぐにその効果を実感することが出来て、乾燥を防ぐことや、保湿されることで肌がふっくらして張りも蘇った気がします。

乾燥を防ぐことが出来ていることでシワの予防にもなっています。そのため、化粧のノリも良くなって肌の明るさが増したように思います。おかげで周りからも肌がきれいとほめられるようになったし、実際にいつも実年齢よりも若く見られています。それがちょっと嬉しいです。どんなにオシャレをして着飾ったり、有名ブランドのコスメで化粧をする前にまずは本来の肌を整えることを見直すことでキレイさがアップして、実年齢よりも若く見られると私は思っています。それは自分自身の経験からも実感しています。

自分の自身にもつながるし、気持ちが前向きになれます。それらが若さを維持継続する秘訣になっていると思います。これからも決して諦めずに卑屈に感じることなく、年齢を重ねることを上手に楽しみながら過ごしていきたいと思います。そういった前向きな考え方でいることがさらに若くいられるコツにもなると思います。

 

食生活に気をつけています

若さを保つためには高い化粧品を使用して肌を美しく保つことも大切だと思います。しかしそれよりも大切なのは普段の食生活をきちんとすることだと思います。一日三食をきちんと食べて間食をしないということを心がけています。間食する習慣は子供にも真似されるという理由もありますし、間食すると体重が増加してしまう危険もあります。体重を管理できない人はだらしないと思われてしまいますので、できるだけ太らないように日々の食事をしっかり摂ることを大切にしています。特に摂取しているの栄養素はカルシウムやビタミンC類です。これは乳製品や果物にたくさん含まれていて非常に取りやすい栄養素だと思います。毎日朝ごはんは牛乳かヨーグルトを取り果物も欠かさずに摂るようにしています。

あとは野菜類もバランスよく摂ることを心がけています。緑黄色彩りよく食べることで栄養バランスも整えられますし、色が違う食品を摂ることでわかりやすくそれぞれの栄養素を取り入れることができます。足りない栄養素や摂取しづらいし要素があるなと感じたらサプリメントで補うようにしています。

サプリメントは様々な栄養素が配合されています。値段も様々ですので、自分が明らかに足りていないと思う栄養素の組み合わせを選んで、なんとなくこの栄養を最近とっていないなと思ったらサプリメントを服用するようにしています。長い間若さを保つということは長い間健康でいられるということにも繋がると思うので、基本的なことをきちんとすることでいつまでも元気な体で居られるようにしなければならないと思います。小さなことでも続けることはとても大切なことだと思います。

毎日のコツコツとした積み重ねが大きなものとなり自分に返ってくるということを信じて、日々怠らないようにしています。親がいつまでも若くいるということは子供にとってとても助かることです。自分のためだけではなく子供のためだという思いも少なからずあるように思います。

 

若さを保つ秘訣は、おしゃれを楽しみ、趣味を持ち、運動を欠かさないことです

立ち上がるとき、「よっこいしょ」と思わず声が出てしまう、電車の窓ガラスに映った自分の老けた顔つきに驚きを隠せない、昔を思い出し追憶にひたる、最近、このようなことが多くなってきました。

私は今年で50歳になりますが、精神年齢は20代のままです。年寄りの冷や水と言われそうですが、何事においても、まだまだ若者には負けたくないと思っているのが正直なところです。それ故、そのギャップを埋めようと日頃から努力を欠かしません。

そこで、私が普段している、若さを保つ方法を紹介したいと思います。

1つ目は、外見に気を配り、おしゃれを楽しむことです。経済的な問題や、忙しい毎日を送っていると、どうしてもおしゃれを楽しむ余裕がなくなり、地味な服装になりがちです。ワンポイントとして、服飾品に赤やライトブラウンを取り入れることで気持ちが明るくなります。また、普段着に、ユニクロなどで販売している若向きのシャツやパンツをコーディネートしてみるのもいいでしょう。服装に気を遣わなくなると、気持ちが老けやすくなるので注意が必要です。

2つ目は、趣味を持つことです。私は男ですが、趣味で料理を作ります。夢中になってレシピを考えたり、素材を集めたりしながら料理作りに没頭していると、物づくりにときめいた子供時代を思い出します。何よりも、自分が作った料理で人を喜ばすことができると心が弾みます。趣味をするときは、楽しむことを優先すれば心も若返るものです。

 3つ目は、体を動かし、体力を付けることです。年を取るごとに体力の衰えは増していき、動きが緩慢になって気持ちも弱気になりがちです。そうならないためにも、定期的に運動することは欠かせません。ウォーキングやストレッチなどは激しい動きがないのでお勧めです。球技と組み合わせて行うと楽しく運動ができるはずです。要は楽しく気軽に続けることが大切だと思います。

今私は、趣味をたくさん持っています。物事に対して弱気になっているとき、好きな趣味を始めると自信を取り戻すことがよくあります。これからも若々しくありたいと願いながら、日々を過ごしていきたいと思っています。


(50歳、 自営業)



ページの先頭へ