プロのエステティシャンからのアドバイス

プロのエステティシャンからのアドバイス

私が若さを保つためにしていることは、エステティシャンである友人から直々にアドバイスをもらい、なるべくそれを実践することです。彼女とは5年以上の付き合いで、私にとっては心置きなく何でも話せる数少ない友人の一人です。


そんな彼女はさすがにプロなだけあり、美容についての知識は私とは比べ物になりません。仕事としてではなくプライベートで付き合う時は何でもハッキリと意見や考えを伝えてくれるので、とても参考になります。


私から相談することもあれば、こちらが何も言わなくても「栄養バランスが乱れてない?」「ちゃんと寝ている?」などと指摘されることがあります。そして大抵それらは思い当たる節があり、本当によく見ているな、と感心してしまいます。なので毎回彼女と会うたびに、美容に関する新しい情報をもらったり注意すべきポイントを教えてくれます。


最近では夜更かし気味で生活リズムが崩れていることに対してアドバイスをもらいました。フリーで働く私はどうしても朝が遅く、その分ベッドに入る時間も遅くなりがちです。さらにそれにつられて夕食も22時、23時までずれ込むことも珍しくありません。身体に良くないとは認識しつつ、一度習慣づいてしまうとなかなか元に戻せません。


そこで彼女からもらったアドバイスが、『毎晩19時に夕食の写真をSNSでアップすること』でした。プロとしてのアドバイスがそれ?と思うかもしれませんが、これがなかなか効果的です。と言うのも私がアップした写真に彼女はほぼ必ずコメントをくれるのです。普段だとつい面倒くさくてお菓子だけで済ませてしまったりすることもあるのですが、そんなことをしたら彼女から容赦ないツッコミが入るでしょう。


それはいい意味でプレッシャーにもなるので、必然的に規則正しい時間と内容の食事に改善されました。良い食事だと褒めてくれるし、バランスが良くなかったりするとより良い提案をしてくれます。もう若さをキープするためには欠かせないタスクになりつつあります。


(30代 自営業)

 

若さを保つために無理をしないでバランスよく

実際には若返ることはできないので若さは保つ努力しかできません。そういう若さを保つために気をつけていることは習慣的なことと、心がけとして意識しているがあります。習慣的なことはまず食事になります。食事に関してもやはりバランスが大切です。特に野菜類が不足しがちという現代人の食生活ですが、私は野菜もかなり好きなので毎食野菜をとりいれています。

また偏った食事よりも多くの種類があるほうが好きなので嗜好としても偏った食事の人と比べても若さを保つのに効果的な食事になっているのではないかと思っています。これらの食事の習慣もいやいや野菜を食べたりしているのではなく無理なく好きな野菜を食べ、肉や魚なども配分を考えてメニューを決めています。そして運動です。運動しないとどんどん筋力が衰えて老化していきます。

私は通勤時間を使ってウォーキングを毎日するようにしています。今はスマートフォンの歩数計アプリもあるので歩数のチェックをしてい運動不足にならないように気をつけています。睡眠のきちんととるようにして寝不足にならないようにもしています。睡眠も気持ちよく眠れて起きるということで時間帯なども回復する時間帯には寝ているようにしています。

そして心がけとして意識していることは何事にも無理しないということです。

若いころは少々無理することもありましたが、年が行くほど無理をすると老化が加速するように思います。良かれと思っている運動などもやりすぎると老化するように思いますし、気持ちがゆったりしていないとそれだけで神経をすり減らして白髪を増やしたり、肌などにも悪いように思います。怠けたり、だらけるというのではなくあくまでもできる範囲で無理のないところまでのがんばりにとどめておくと言うことです。少しのことでは怒らないようにしたり、あきらめという言葉はよくないかもしれませんがこだわりすぎずにそういうこともあると流すことも大切だと感じます。そういう生活の何事においても無理をしないでバランスよくという気持ちでいることが若さを保つためになっていると思います。

ページの先頭へ