血流を意識し体感して身体をコントロールする。温める

血流を意識し体感して身体をコントロールする。温める

私にとって健康維持の何よりの秘訣は身体を冷やさないことです。ひるがえって簡単に述べますと温めることです。


なぜ冷やさないことの一文を前に入れたかと言いますと、私はジョギング、ストレッチ、その後のスムージー摂取など比較的体温の変動に関係する健康法を行っているからです。それぞれ、健康維持のため始めた行為ですが共通したリスクを持っています。


それはそれぞれの健康法が最後には身体を冷やすということです。ジョギング後はむろんですがストレッチ後も身体は冷えますし、毎朝の葉野菜を中心としたスムージーの摂取は身体を冷やすのです。身体が冷えると免疫抵抗力が下がる事実は今では一般的に知られています。体温が一度下がると免疫力が30パーセント下がると言われています。とくに冬の体温低下は風邪やインフルエンザに罹りやすくなります。


身体を動かして健康維持に努めている場合は身体を温めることに注意を払い、本末転倒にならないように気をつけなければなりません。そのためには血流を意識し身体を温める生活をするのが一番です。


血流を意識して身体を温めるのに集中して生活すると環境の変化や状況の変化を事前に予測し、対応をとれるようになります。血流を意識した身体の温め方にはポイントがあり、血液の多いところを温めるのがコツです。身体の末端にまで温かい血液が流れれば体温は維持できます。


ですから心臓、大腸や胃、頚動脈、脳です。たとえば外出した際には使い捨てカイロを一枚左ポケットに用意します。腹部や首筋や頭部を遠赤外線腹巻やヒートテック素材のマフラーや帽子で温めます。血流の大本が温かいと指先まで温かい血液は流れます。その上で冬は手袋などで保温すればまず平常の体温は維持できるでしょう。


寝るときも体温は下がりますので冬は若くても湯たんぽを使うことお勧めします。これで夜中にトイレに立つ割合も減るでしょうし、女性の場合は生理痛が軽減する場合も多いです。予防とは一味違った、病気を寄せつけずに普段通りの行動をとれるようになるのです。


これは夏場でも同じであり、夏の場合は逆に血流の多い場所を冷やすように気をつけると熱中症予防にも期待できます。また血流を体感できると血液サラサラをより強くイメージしやすくなり食生活や睡眠など生活習慣全般に配慮するようになります。


このように血流を意識すると身体を体感しやすいのです。無理せず健康維持に配慮した生活をする手始めとしては血流を意識することです。そして自分で身体を温めたり冷やしたりして体感し、一歩一歩健康維持のノウハウを蓄積していくのが健康寿命、生活寿命を延ばす早道なのではないでしょうか。


年齢 54歳 職業 自営業

 

冷え性の改善こそ健康への近道です

高齢出産、その後の育児をする中で、それまで滅多にひかなかった風邪をしょっちゅう引くようになってしまいました。その上、いつもどこかが痛い、腰や腕や肩や首。そんな毎日でした。

そして、とどめに、三か月ずっと風邪が治らない状態が続きました。治りかけては新しい風邪を引き、治りかけては同じ風邪をぶりかえし、と言った具合です。

ひとくちに風邪と言っても、これだけ長期間になると、気力も体力も落ちてきます。

毎日の家事も育児も、なんとかやりこなす、やっつけ仕事になってしまい、何より、子供にも悪影響を及ぼしました。

これではいけない、と頭を巡らせて考えてみました。はたと気づいたのです。原因は身体の冷えではないかと。

出産するまでは、お風呂や温泉、岩盤浴などが大好きで、しょっちゅう行っていました。辛い食べ物、唐辛子やしょうがが大好きで、よく食べていました。

きっと、身体が自然に、自分に足りないものを求めて取り入れていたのだと気づきました。

ところが、子供ができて、自宅のお風呂にすらゆっくりつかる間もなく、子供が食べられない刺激物は作らなく食べなくなっていました。

そこで、簡単に毎日できる温活をはじめました。

毎日できること、家族に負担をかけないこと、経済的に負担でないこと、が条件です。

まず、おかずではなく、しょうが紅茶、しょうが湯など、自分だけ口にできる方法で、身体を温める食材を取り入れました。

それから、夜、子供を寝かしつけてから、30分の半身浴をはじめました。外の温泉に行きたいのはやまやまですが、子供連れで行ってもゆっくり入れず、温活にはならないので、自宅でできる方法を取り入れました。ネットでハーブの力で身体を温める自然素材の入浴剤を購入し、それをお風呂にいれて。リラックスできるように、ゆったりとしたクラシック音楽をかけて、ぬるめのお湯に30分つかります。

顔にじんわり汗をかきます。朝方にはいつも冷たかった手先、足先が、朝までほんわり温かく、汗までかいています。

これらを数日続けただけで、それまで悩まされていた、身体の痛みと風邪ひきやすさから解放されました。

風邪は万病のもと、冷えは万病のもとです。それからも健康維持対策として、この方法を続けています。

 

健康維持のためにやっていること

一人暮らしを始めるようになって以来、食事の管理は、健康維持をするためには欠かせないことと知り、毎日の食事に2?3種類の野菜、乳酸菌を家での食事の時には必ず取り入れるようにしています。

花粉症を持っているため、乳酸菌は、腸内環境をコントロールするには欠かせないものなため、今では、家族全員で摂取しています。外食などが続く時も、なるべくメニューに載っている野菜、お店を選べるのであれば、オーガニックのお店、またはあまり脂っこくないものを選べるお店にしています。

乳酸菌もサプリとヨーグルトの両方を摂取しています。家族で出かけるときは、なるべく外でも遊べる場所を選ぶようにし、子供が幼稚園に入った頃からは、小さな山へ登れるよう、日帰り登山を始めました。足腰を鍛えることは、小さな子供も大人も健康維持には欠かせないものだと思っています。

長生きしても、健康でいなければ、周りに迷惑をかけてしまうと思っているので、年を重ねて、70歳、80歳になった時にも、自分の足でしっかり歩けることは大事だと思います。家族で決めたことの一つに、学校、会社へ行くときは、朝は時間があるとき、帰りはできる限り、1つから2つ前の駅で電車を乗り降りするようにしています。駅から家までがとても近いため、電車に乗ると、あまり歩かなくなってしまうので、ちょっと前の駅で乗り降りすることで、必然的に歩かなければいけない環境を作るようにしています。

内臓の健康もとても大事ですが、足腰を強くすることに、最近は、若かったとき以上に力を入れています。最近注目されているグルテンフリーの食品にも興味があり、いくつか食品を最近購入しました。

まだグルテンフリーについては、テレビや雑誌などで少し読み、見ただけなので、これからインターネットの口コミなどで、グルテンフリーについて調べたいと思っています。健康に気をつけ過ぎると、何もできなくなってしまうため、できるだけ自然体で、健康維持をしたいと思っています。


43歳女性

ページの先頭へ