運動をきちんと行っていく事で健康管理を行っていく

運動をきちんと行っていく事で健康管理を行っていく

自分自身の健康管理をいかにして上手く行っていけるかどうかは多くの方にとって大変重要な問題となるのです。

普段の自分の仕事を円滑に行っていくにはやはり健康な体である事がとても重要な事となるのです。健康な体にとって大変重要なポイントはやはり運動や食事、睡眠等です。

これらをバランス良く行っていく事で素敵な自分らしい生活を送っていく事が可能となるのです。私は現在38歳のサラリーマンですが、普段から自分の健康管理の為に運動は定期的に行っています。ジョキング等を定期的に行っていく事で自分の健康管理を行っています。

また加齢と共に上半身の疲れ等を感じる事お多くなってきたので、定期的にボクシングジム等に通う事で自分の上半身の管理を行っています。このような努力を継続する事で加齢と共に衰える自分の肉体の管理を行っていく事が可能となるのです。いかにして自分の健康や肉体をしっかりとメンテナンスを行っていけるかどうかは多くの方にとっても大変重要な事となるのです。

普段から自分の肉体面をきちんとケアする事で安心して普段の生活を送っていく事が可能となるのです。より素敵な人生の為に適切な肉体管理を行っていく事はとても重要な事となるのです。

頑張って多くの運動を定期的に行っていく事で安心して自分の普段の生活に対してやり甲斐等を持っていきましょう。健康であるという事は何よりの宝であると考える事が人生においては大変重要な事となるのです。いかにして自分の健康を有異議に守っていけるかどうかを考える事で自分や大切な家族を守っていく事が可能となるのです。

普段から定期的な運動等を欠かさず行っていくことでより素敵な自分らしい体や精神を鍛える事が可能となるのです。是非、素敵な自分の人生の為に最善の努力をしていきましょう。

ウェアやプロテイン等、自分にとって必要なアイテムを楽しみながら揃えていく事がとても重要な事となるのです。より多くの効果を短期間で実感する事が大切な事となるのです。

 

私が健康のために配慮していること4選

健康のため気をつけていることは、煙草を吸わない、お酒は適量にとどめる、食事はバランス良くとるようにして、なるべく規則正しい生活を送るようにしています。


特に煙草は、百害あって一利なしと言われているだけあり、嗅覚から味覚を狂わせ呼吸機器も弱らせてしまうので、日々の生活を楽に過ごせるように禁煙を継続させています。がんリスクの低下も禁煙年数が伸びるほどに、リスクもさらに下がっていくので、継続的な禁煙は効果的です。禁煙をしてから気がついたことがあります。煙草を吸わなくなってから、驚くほど仕事の集中力が高まるようになりました。吸っていた頃は、すぐに集中力が途切れてしまい、大変な仕事になるほど、2時間おきほどにすぐに煙草への渇望が強くなるという実にストレスのかかる生活を送っていました。その度に仕事を中断しては煙草を吸いなんてことを繰り返していれば、階段の上り降りもすぐに息切れを起こしてしまい、日常生活は苦しく大変不便なものとなっていました。ところが禁煙してからは、苛立ちがありません。ニコチンへの欲求がだいぶ軽減されたからです。嗅覚と味覚も随分と正常になったことを自覚するようになりました。それだけ健康被害があるからこそ、においや味が分からなくなっているという証でもあるからです。


お酒は適量であれば気分を開放的にさせてくれて、緊張感もほぐしてくれるので、飲酒量は一定を守るようにしています。アルコール性肝炎は、アルコールからくるものなので、お酒の限度を守ればかかることはないはずですし、自分次第で防げる病でもあるからです。


日々の食事に関しては、厚生労働省や農林水産省策定の食事バランスガイドにおさまるような構成で摂るように工夫しています。毎日の食事の積み重ねが病になることもあれば、健やかな体を保つことにもなるからです。だからこそ、この基準値を目安に食事を配慮しています。バランスガイドの算出は私の場合は食事管理アプリから計算してガイド数字をはじき出しています。


深夜は休み、朝から夜まで活動するというこのあたり前の規則正しい生活を続けるのも、体内時計を狂わせない配慮でもあり、肌のゴールデンタイムに新陳代謝を活発化させようという狙いもあるので、夜は休むようにしています。その方が肌トラブルもなく過ごせるからです。

 

年をとってきたと感じる時

年をとるごとに感じることがあります。いろいろな人から年を重ねるごとに、体の状況が変わってくると言われていました。現在自分自身がその立場になってくるとわかってくることがいろいろとあります。友達と飲み会があるという事で参加してみるとずいぶん会話の内容が変わってきています。

昔は、恋愛や仕事も夢の話などが出ていました。しかし、40歳から50歳に近づいてくると話の内容が変わってきました。まず出てくることが容姿の話が出てきます。髪の毛が薄くなったとか、白髪が増えてきたとか、しわが増えたとか話がでます。男性で髪の毛の量が少なくなり、はげている人は話の標的になります。かわいそうですが、飲んだ席なので笑い話も含まれて話のネタになります。

次に出てくることが、健康に関する話です。健康診断でチェックされてしまい今注意しているという話です。高血圧や糖尿病、中性脂肪と腹囲周りが大きすぎるなどの話です。運動する事も少なくなり体力も落ちているという話です。久しぶりに走ってみたら息切れがしたとの話は普通に聞かれています。マラソンの話など出ると反発するものもでるくらいです。宴会の時のメニューも変わりました。30歳代の若い時は、肉や魚も油の多いものが多く、炭水化物系も多いでした。飲む量もたくさんで、夜も遅くまで飲んでいました。さまざまな酒の種類のお酒を飲んでいました。

ビールは当たり前で、焼酎や酎ハイなどいろいろです。それが最近になると、ビール一杯に後は焼酎のみです。宴会の後半になると、薄めに作るように言う人も出てくるくらいです。おかずとなるものもあっさりめのメニューで、まずはサラダの種類から選ぶこともあります。刺身もあっさりしたものや、唐揚げは頼むのですが量が減りました。ドレッシングも薄めのものになってきています。

宴会後半になると食事が少し残るようにもなりました。明日は早いので帰りますというような話も多くなり、2次会や3次会に行くという事も少なくなってきています。

これも年齢と健康状態がさせていることなのでしょう。知らず知らずのうちに年齢を重ねるごとに健康を考えた生活に変わってきています。自分では考えていなくても体は健康を維持する傾向になってくるのでしょう。人の体は良くできています。

 

あとから健康の有り難さを知った

私は20代まで大きな怪我や病気もなく過ごしてきました。私にとっては、それは普通のことでした。それが当たり前とさえも思っていました。私には健康しかない、健康だけが取り柄の私、そう錯覚していました。健康のために気を使ったことは無いに等しく、好きなだけ食べて、好きなだけ寝る、運動なんてもちろんしませんでした。30代になると、そのツケが、とうとう私にやってきたのです。

健康診断で何かしら引っかかって再検査を余儀なくされる事が多くなりました。尿や血圧の異常、貧血などです。血液検査ではコレステロール値が高いことが判明しました。私は30代になって成人病予備軍になってしまったのです。尿は再検査で異常なしだったのですが、今の私は、高血圧にコレステロールが高く、おまけに肥満、不健康そのもの体になってしまいました。どうしてこんなことになったのか今は過去の自分の行いを反省しながら少しでも健康な体に戻るように取り組んでいます。そのために、まずは痩せる事が一番だなと思い、毎日30分以上のウォーキングとヨガをしています。

血圧を下げるのもコレステロールを下げるのも一番はダイエットをすることがいいと感じています。ダイエットして体重を落とせば必ず血圧もコレステロール値も下がるはずです。もちろん運動だけではなくて食生活も見直しているところです。血圧を下げる効果のバナナや、さといもなどを食べたり、油やマヨネーズはコレステロールが入ってないものにしています。みそ汁が大好きなんですが、だしを効かせて、なおかつ具だくさんにし汁は少ししかいれません。減塩にかなりこだわっています。

そんな努力で血圧は下がりましたが、まだ正常範囲内ではありません。私の目標は体重も標準体重をクリアし、正常血圧に、正常なコレステロール値になることです。成人病予備軍から脱出して健康体に近づけるように、これからも頑張るのみです。健康はお金では買えません。自分の健康は自分で維持しないといけません。


30代 スーパー店員

ページの先頭へ