皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編】

健康であることは美に通じる

投稿日:

 

健康美、という言葉があります。元気で溌剌としていて、肌や髪がきれいな人は、容姿にかかわらず素敵だと感じるし、高感度も高いと思います。
逆に、どれだけ整った容姿でも、目の下に濃い隈があったり、猫背で髪もぱさぱさ……などという状態だったら、だれも美しいとは思わないことでしょう。下手をしたら周囲に心配をかけ、不快感を与えてしまうことにもなりかねません。最低限の身だしなみを整える、そして最低限の健康を維持する、これは社会人として、とても大切なことだと思います。若いうちは、多少の不摂生でも、生活や容姿に影響を及ぼすことはあまりありませんが、これを積み重ねていくと、いつか痛い目を見ます。私が痛感しているのは、睡眠不足が肉体や精神に与えるダメージです。
二十代のうちは徹夜をしても翌日普通に過ごすことができました。しかし四十も近くなってくると、徹夜しないまでも、睡眠時間が削られるだけでも前日の疲労が回復しきらず、翌日必ずぼーっとして集中力を欠くことになりますし、肩こりや頭痛もひどくなります。
肌荒れもひどいです。乳幼児を育てていて一年以上睡眠不足が続いたときは、風邪を引くと全然治らないし、すぐに悲観的になりイライラする、記憶力が低下して日常生活の「ウッカリ」が増え、考えがまとまらなくて夕飯のメニューさえ決まらない……などという状態が続きました。客観的にこれは、育児ノイローゼだったのではないかと思ったりもするのですが、なんでノイローゼになったのか? というと、やはり第一に睡眠不足だったからじゃないかと思うのですよね。
毎日の疲れが、赤ちゃんの細切れ睡眠に合わせているから、まったく取れない。夜泣きのひどい子だったので、夜中に抱っこして一時間、ようやく寝かしつけて自分も寝ると、また三十分くらいで起こされる……そんなことを繰り返しているうちに、朝がきてしまう。昨日の疲れに、夜の疲れが上乗せされる状態で、朝になったからといって気分爽快になった記憶がまったくありません。当時のわたしは、目の下に濃い隈、髪も肌もぼろぼろでした。ほんとうにひどい状態で買い物や公園に行っていました。
そこで出会う、お洒落で溌剌としたママさんと話すと、たいがい、寝つきの良い子をお持ちの方でした。純粋に羨ましかったです。やがて私の子供は育ち、夜泣きもしなくなって、睡眠時間を確保することができるようになりましたが、精神状態が格段に良くなりました。肌荒れも消えました。そこでわたしは、人間にとって睡眠がこれほど大切なのだということを実感しました。
なので、やむをえない事情があるとき以外は、わたしは一日に七時間は必ず眠るようにしています。科学的なことはわかりませんが、これがわたしにとっての最適な睡眠時間です。

会社員、38歳

 

-皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編】

執筆者:

関連記事

健康でいられる秘訣!睡眠の大切さ

健康のために一番気を付けていることはズバリ「早寝早起き」です。私は2歳と5歳の子供がいますが、子供を寝かしつけるのは21時。一緒に横になり気づけば自分の眠ってしまうことも。毎朝6時にアラームをセットし …

健康維持は、健康への努力を楽しんでいる人です

私が健康維持を意識したのは、一昨年の健康診断の結果でした。それまでは健康を過信していた訳ではなかったのですが、ありがたくもそれまでは、大きな病気がなかった事もあり、健康が当たり前だと錯覚していました。 …

笑う門には福きたるで健康に

社会が複雑化しているからでしょうか。うつ病の患者が年々多くなりました。 気持ちが沈んでなにも手につかなくなり思考がいつも後ろ向きになってしまう・・そんなときは心の病に罹患しているかもしれません。 日本 …

健康であるためには変化を受け入れる

だれしもが願う事は健康に長く生き続ける事ですよね。でもなかなかうまくいかないのが事実です。どんなに頑張っても加齢からくる衰えや、予期せぬ病気になってしまうことがあります。でもそうしたリスクを最小限に減 …

簡単に取り組める健康法

私は、子供の頃喘息で体が弱く発作が起きるたび毎週のように学校を休んでいました。ひどい時は入院したこともありました。両親の勧めで水泳を習い始めると、体力がだんだんつき喘息の発作は次第に治まっていきました …