皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編】

気力を出す事を癖にしてしまう健康維持の方法

投稿日:

 

私は48歳、広告デザインの仕事をしています。病は気からと言う言葉があります。若い頃は体力がありましたし、多少の無理もきいたのもあり、あまり気にしませんでしたが、40代半ばを過ぎて、病気の直りが遅かったりすると、本当に心と体は繋がっているんだなと気がつく場面が沢山あります。
体力は年齢と共に落ちていくのは、みんな一緒です。後は体力維持をするための努力をするかしないかだけだと思います。しかし、そこにも気力と言う部分が大きいと思っています。
健康維持をする為に必要な事の知識はわかっています。わかっていても出来ないのが、人間の常だと思うのですが、40代半ばになって気がつく事は、健康維持と言う事は、イコール気力をどれだけ出していけるかだと思っています。その為の決意を最近は心がけています。
1年前に、健康診断でメタボで再検査になって以来、何も努力しなければ、病気になるのは当然と腹を括り、運動を軸にスケジュールを組み、食事制限と同時進行で行いました。しかし、食事制限は出来ても、運動が中々続きません。今日は仕事が遅かったから明日からとか、今日は天気が悪いから明日とか、自分で自分に言い訳をしてしまうのです。このままでは、ズルズル言ってしまうと思い、まずはゴールを決めようと決意しました。
丁度。毎年、健康診断があるので、この健康診断を着地点と決めて、具体的な目標を決めて、行動を開始しました。そして、もう一つは気力です。楽な道を選ぶ癖をまず治そうと、迷ったら、行動する事とまずは決めました。そして、その思考の癖を付けていこうと思いました。結果として、迷ったら行動する癖が少しづつ、ついてきた時には、その癖すら忘れてしまうぐらい、日常の考え方になっていました。
運動は最初は嫌だなと思っていても、終わった時に達成感があります。また、目標に一歩近づいたと自覚して終わると、次に繋がって行きます。
健康維持は、体力面と同時に心も鍛える必要があると気がつきました。しかし、歳と共に心も楽な方へ行きたがります。だからこそ、迷ったら行動する癖をつけて、気力を維持すると言う方法で、今、心身共に健康になっている事を実感いたします。

 

-皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編】

執筆者:

関連記事

簡単に取り組める健康法

私は、子供の頃喘息で体が弱く発作が起きるたび毎週のように学校を休んでいました。ひどい時は入院したこともありました。両親の勧めで水泳を習い始めると、体力がだんだんつき喘息の発作は次第に治まっていきました …

人生をずっと笑顔で過ごすために健康でありたいものです

私が若い頃には両親を含め、親戚や知人などの周囲も3、40代ほどとまだまだ若く健康であって当たり前の年齢でした。しかし私自身が年齢を重ねるとともに周囲の年齢も上がってきて、健康を害す人もちらほら出てきま …

健康にはストレスや運動不足はなるべく避けたいものです

歳を重ねても、ずっと維持し続けていきたい存在といえば健康です。 病気に悩んだり、体調が思わしくない状態で生活をするのは非常に苦しいことですし、健康は掛け替えのない存在だと強く実感してます。 健康である …

健康のためにウォーキング

健康でいるためには体を動かすことが大切です。健康でいるために毎日運動は欠かせません。 生活習慣病が増えている原因は食べ過ぎもありますが、運動不足も関係しています。運動には血液の循環をよくする、筋肉を鍛 …

日頃の生活習慣に気をつけています

健康というものは、日頃の生活習慣がモノをいうのだと考えています。したがって、毎日の食事に気を配り、規則正しい生活を送るようにしています。この毎日の積み重ねが、健康につながるのだと思うのです。 たとえば …