皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編】

些細な健康が作るもの

投稿日:

 

何事も、健康が一番と気づかされるのは当たり前のことですが健康を損なった時です。一言に健康を損なうといってもそれは多種多様です。例えば、飲み会の翌日の二日酔いや、単に寝不足による体調不良。これらは私たちに頻繁に訪れる健康を損なう一例であることに間違いありません。
 大きな病気にかかるときは、必ずしも突然ではなく、むしろ日々の生活の中の健康に対する意識の低さが積み重なり必然的に生活習慣病として「がん」や「脳梗塞」となって表れたものだと思います。
 私が高校生の時は夜寝るのはいつも一時過ぎ、学校が休みの日はさらに夜更かしをして昼過ぎに起き、そしてカップラーメンやお菓子を食べるなど栄養が偏った食事をしていました。その時の私はどっぷりと生活習慣病の渦中に身を置いていました。
 そんな私が自分の健康に対して気を遣うようになったのは、社会人になってからでした。私はもともとネガティブ思考な人間だったので社会の厳しさや人間関係の難しさに心を病んでいました。精神科にも通うようになり、いろいろと先生に相談をしていたところ、やはり生活習慣が悪いと指摘されました。
 それから、少しずつ健康に対する意識を高めていきました。まず最初に行ったのは「早寝早起き」です。健康維持するためには幼いころからいろんなところで聞いてきたこのフレーズが健康維持の基盤になるということを知りました。それから朝に散歩をし始めました。これも気分をすっきりさせると同時にセロトニンという精神面にいい影響を及ぼす物質がでて精神面の健康維持にもつながりました。
 今では健康オタクというわけではありませんが、一人暮らしの中できちんと自炊しサラダやみそ汁など副菜にも力を入れ食事の栄養バランスにも気を配っています。夜も基本的には仕事から帰ったらお風呂に入って寝るだけにするということを習慣づけています。もしやらないといけない仕事があったとしても朝早く起きて片づけるようにしています。朝のほうが集中力も高く持続しやすいからです。
 私は「早寝早起き」や「食事の栄養バランス」という基本的なことを見直し、そして改善していったことでささやかな健康を手に入れました。何事も健康が一番だと健康維持していくなかで気づけたことが精神面でも健康が保たれている証拠だと思いました。

19歳 販売業

 

-皆が健康維持のために気を付けていること【投稿編】

執筆者:

関連記事

健康であるために必要な「腹八分目」の話

学生時代は風邪を一年に1回ひくかひかないかという程、とても健康でした。 ですが結婚して子供が生まれ育児と家事の毎日になり、少しずつ体調が思わしくない時が増えていきました。 独身の頃は、寝不足なら休日に …

健康維持は、健康への努力を楽しんでいる人です

私が健康維持を意識したのは、一昨年の健康診断の結果でした。それまでは健康を過信していた訳ではなかったのですが、ありがたくもそれまでは、大きな病気がなかった事もあり、健康が当たり前だと錯覚していました。 …

歩くことによって健康的な体をキープできた

体を動かすことが大の苦手なので、四六時中座っていられるアニメーターの仕事に就いています。学生時代からの願いが叶って嬉しい一方、長時間労働で疲れが取れなかったり納期のプレッシャーに押し潰されそうな日々を …

病弱な身体の改善のために日々気を付けていること

私は昔から寒さに弱く、冬場は頻繁に風邪をもらったり高熱を出したりしてします。左の扁桃腺が大きめに残っているため、そこからウィルスをもらいやすいようですが、手術は出来ればしたくありません。そのため、日ご …

健康に過ごすために始めたウォーキング

健康のために運動不足をできるだけ避けるよう努力しています。職業柄、デスクワークが多く、1日中椅子に座りっぱなしとなることもしばしばあります。そういった日には、足先が冷えたり、脚がむくんだりといった症状 …